クリエイティブな仕事に就くための資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインという仕事

世の中はデザインで溢れています。
あらゆる商品にデザインの要素が組み込まれています。
デザインは人間の視覚や触覚と深く関わり、なおかつ機能性や操作性を高めるものでなければなりません。
工業デザイン、建築デザイン、広告デザイン、WEBデザインなど、いずれの分野でも、デザインが目指すところはさほど変わりません。
デザイナーを目指す場合、どの分野のデザインが自分に向いているのか考える必要があります。
工業デザイナーや建築デザイナーといった設計分野では仕事の中身によってはその分野の専門的知識や資格が求められます。
一方、広告デザイナーやWEBデザイナーはデザインの勉強して感性を磨けば、ある程度対応できるのではないでしょうか。
デザイナーは美術の専門学校や美大などを卒業して、その業界に就職するというのが王道です。
専門学校や大学では構図やフォルムの特性、ソフトの使用法などを学び、実習などの経験を積むことができます。
また、仲間がいて、刺激を受けることも多いでしょう。
しかし、必ずしもこうした学校で学ばなくても、独学で経験を積めば十分やっていける世界でもあります。
デザイナーには深い洞察力と想像力、そして表現力が求められます。
そして、そうした能力を高めるためにも豊かな感性がなければなりません。
近年、多くのデザイン分野でコンピューターが使用されています。
コンピューターの登場によってデザインの仕事は格段にスピードアップしています。
デザイナーの仕事は納期が重視されており、迅速性や表現力を高めるためにはコンピューターやソフトを熟知し、自由に操れることが必須条件になっています。
コンピューター技術は日々進化しており、デザイナーはこうした技術進化にも敏感でなければなりません。
従来、不可能と考えられていた表現方法や、作業時間が1年近くかかってしまうようなものが、ごく短期間でできるようなソフトが登場すれば、それを使いこなせるようになならければなりません。
そうした技術革新をフォローアップしていくこともデザイナーとして長くやっていくためには必要でしょう。

Copyright (C)2018クリエイティブな仕事に就くための資格.All rights reserved.